« おうちごはん | トップページ | 練習時間をどう確保するか »

レース前のカーボローディング

カーボローディングとは、体内のグリコーゲンを一旦不足させて、その後リバウンドを利用して貯蓄をすることです。具体的にはローディング前に炭水化物を減らし、きつめのトレーニングをして体内のグリコーゲンを減らす。そして、その後通常の1.5から2倍の炭水化物を摂取することでグリコーゲンを蓄積します。

古典的なやり方は、レース7日前から4日前は炭水化物の摂取を減らし、3日前から摂取を増やす、というもの。ただ、最近では減らさなくても、ローディング期に炭水化物を多めに(食事の70%のエネルギーを炭水化物からとれるようにする)摂るだけで同じ効果があるといわれています。むしろ、極端に疲れすぎたりすることで体調を壊したりするので古典的な方法を薦めない傾向にあるとか。

とりあえず、私は普段からお米よりも、おかず派なので、カーボカットの3日間も意外と平気さろうと思い、古典的な方法を実践中です。ただ、朝糖質ゼロにするのは無理だな。日中ふらふらになってしまう。ローディング期に入ってからは糖質を意識して摂るようにしています。やたらめったらご飯を食べるのではなく、糖質の多い野菜を狙えば結構70%もできるかも。本日のお昼は、カルボナーラ大盛りを食べました。普段は避けている麺類を思いっきり食べられるっていいな !飽きるから今だけでいいけれど。本当は大福やケーキも食べようかと思ったが過剰な脂肪と砂糖はよくないので断念。 明日はカレーにしてナンをお替りしようともくろんでいます。

に
ほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ 人気ブログラ
ンキングへ
参加しています。よければ、応援クリックお願いしま す☆

|

« おうちごはん | トップページ | 練習時間をどう確保するか »

race」カテゴリの記事

thoughts」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1193622/29157281

この記事へのトラックバック一覧です: レース前のカーボローディング:

« おうちごはん | トップページ | 練習時間をどう確保するか »