« 2009かすみがうら 4"00'24でした | トップページ | 2009かすみがうら フルマラソン レースの反省 »

2009かすみがうら フルマラソン レポート

かすみがうらマラソン

超BIGアクシデントがあった初フルでした。


に
ほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ人気ブログランキングへ
参加しています。よければ応援クリックお願いします☆

■会場入り
8時に土浦駅に到着する予定で出発すると、乗った電車がすし詰め。ほとんどがかすみがうらマラソン(フル以外も含め)の参加者でした。先頭車両に乗ったということもあり、信じられない混みっぷり。次の駅で乗れなかった人もいたのでは?短い10両編成ということもあったのですが、こんなイベントがあるなら、15両編成を臨時でもいいので出してほしかったです。今年は2万人以上、過去最高の参加者数ということも関係あるらしく、隣のおじさんが「去年もこれと同じ電車乗ったけど、こんなんじゃなかったよ」と言っておりました。


土浦駅で降りたホームの様子。

駅のトイレは並んでいましたが、行かなかったので問題なし。
あとは人の流れに乗って、会場へ。

野球場と陸上競技場が解放されていました。陸上競技場がゴー ル地点です。
私は以前のJognoteの講習会で知り合ったAminoValue茨城のりょうママさんとサミ子ちゃんの所に荷物を置かせてもらいました。
二人は先月の東京マラソンのフルを走っていて、今回は10マイルで参加です。
サミ子ちゃんには、来月の青葉の森リレーマラソンに一緒に出させてらうので、そのメンバーを紹介してもらいました。青葉も楽しみ!仮装は何になったのかしら?

テーピングをしたり、着替えたりしながら、もってきた小さなごま塩おにぎりをつまむ。本日は両膝、両足首テーピング、およびCW-X、赤のノースリーブ、黒のアームカバーと帽子です。1時間前になりPowerBarを摂取。勝手にチョコレートだと思っていたのですが、高校時代アメリカにラクロス遠征に行った時に食べた小麦を麦芽糖で固めたようなものでした。たまに食べるるとおいしいのよね。むしろチョコよりこっちでよかった。
一応トイレに行こうと思い並んでいると、My☆Starのピンクのウェアを着ている女性を発見。そしてその隣にいたのはTomaさん。ブログのプロフィール写真の横顔と似ているし、一緒にいるMy☆Starの人とおそろいのアームカバーだし、きっとご本人!と思い声をかけるとやはりご本人でした。会えたらいいな、と思っていたけれど本当に会えるとは!偶然に感謝。

人がぞろぞろ移動していたのでスタート地点に行くと、どうやら10マイルの整列だったようで、一旦戻ったのですが一緒にいた同じフル参加の人を見失ってしまい、結局Tomaさんとアイさんとスタート地点に並ぶまでご一緒させて頂きました。お二人には初対面なのに親切にしてもらいました。(「食べられるなら食べた方がいいよ~」とお餅をすすめてくれたり、「これすごい効くから!」と冷却&UVカットスプレーを貸してくれたり。Tomaさんは35キロ地点にいるMy☆Starの応援組にも通ることを連絡してくれたようで最初っからお世話になりっぱなしでした・・・)

私は「4時間半の人」というところに並んでスタートを待ちました。10時のスタートから5分くらいたってゆるゆると進みだす。iPodを聞いて緊張ほぐし。結局最後までiPodは聞いていました。スタートは千葉マリンよりもずっとスムーズ。ストレスなく走れました。ちなみにスタートライン近くのトイレは全く並んでいなかったので、こちらがおすすめかもしれない。

■5km地点
とりあえず、5kmまではアップダウンが激しいので、絶対にキロ6を守ろうと思っていたのですが、2キロ目で若干オーバー。それを次で取り戻してキロ5'50あたりで走る。タイム別に並んでいたのであまり追い抜くこともなく、千葉マリンの時に比べて最初から走りやすかったです。ただ、暑い!すぐに汗をかいてしまいました。まだ道路も広かったのですが、途中歩道を走って混雑を避けたり。途中で見失った知り合いを発見してしばらく隣を走っていたのですが、どんどん先に行かれてしまいました。

■10km地点~
ここから給水があるのですが、お水です。とりあえず一口だけ飲んでおいてあとは捨てました。でも、後の事を考えればもう少し最初からちゃんと飲んでおけば よかった気がする。他も給水で待たないと取れないこともあり、20kmくらいまではスルーしていました。途中お腹がすいたので、大豆プロテインのブロック を摂取。きなこをかためたような代物で、かむのはなかなか難しいので、左のほほに入れて溶かしながら、食べました。結構時間がかかるけれど、むせないし味 もちょうどいいしまた次も買います。これは一粒50kcal

■15km地点~
丁度15km地点ちょい前で超アクシデント発生!なんと、転びました。今まで走ってきて練習でも一度も転んだことないのに、よりによってレースで初転び。しかも相当ハードに。ハードさはこのCW-Xの大破を見れば分かるかと・・・

なぜ転んだかというと、15kmでカーボショッツの一本目を摂取する予定だったので、ポーチから出し、封を切り、一口飲んで走っていた時に道路の真ん中に ある銀の反射板つきブロックに思いっきりつまづいたのです。意識がカーボショッツに行っていて周りを見れていませんでした。ここはちょうど道幅も狭く、1 車線ずつしかなかったため、あまり下を見ずに真ん中を走っていたため中央線に埋め込まれたトラップに気付かなかったのです。沿道に人に「うわーっ」と言わ れましたが、恥ずかしいと思うよりも「あ、カーボショッツ拾わなきゃ」「Garmin傷ついてない?」しか考えていませんでした。でも、誰か後ろの人まで巻き込まなくてよかった。
カーボショッツを即拾い、食べ続けて(汚い?でも3秒ルールってことで)、膝を見て仰天!1万5千円もする、愛するCW-Xがひどいことに。
「ちょっとー、これ高い上にアートスポーツ30周年記念の限定モデルでもう売ってないのに!ホントありえない!!ホントいやっ。同じの買えないのにどうしようー気に入ってたのにー」と相当ショックでした。
脚が痛いかどうかよりもこのかわいそうなCW-Xをどうするかばかり考えて次の1キロは走りました。でも実は走り始める前に、サミ子ちゃんから販売店に 持っていけばワコールに送ってくれて無料で修理をしてくれると聞いていたばかり(まさか、こんなに早くこのサービスを利用するとは思わなかったけれど) 「とにかく修理出すの決定。でも治るのか?早く走り終わらせてどれだけひどいのか見なくちゃ」とちらちら膝を見ながら思っていました。
よく見るとテーピング部分ではなく本当に膝小僧のところだったので、少し安心して走り続ける。この間も転んでロスしたのは10秒程度であとはキロ6以内のペースをずっと維持。

■20キロ地点~
森を抜けて坂を下り、湖畔を走る。ここは結構快調で、自信を持って走れていました。ただ、2本目のショッツがさすがに甘過ぎて若干きつかった。給水も全部立ち寄って、途中から導入されたアミノバリューを狙って飲んでいました。後は沿道のオレンジ。30キロはすでに走ったことあったので、ここまでは問題なし。ただ、のどが渇いて仕方がなく、一度並んでまで水をとりました。ゼロキロカロリー炭酸を終わったら、のどが痛くなるくらい、一気飲みすることばかり妄想していました。レース前まで完全に加工品完全NGだったので、炭酸飲料もいくらカロリーなくても我慢していたので、飲みたくて仕方がない! ペースはきっちりキロ6以内で、フォームも重心が下がらず同じピッチで走れていました。

■30キロ地点~
ここからは未体験ゾーン。さすがにのどは乾いたけれど、ハンガーノック的なものはなし。My☆Starの人が35km地点過ぎにいると聞いていたので、そ れを励みに。沿道の夏みかんとグレープフルーツを頂きました。酸っぱいものはしゃきっとするし、今回はかんきつ類に助けられました。後半はエイドにバナ ナ、飴、人形焼きなどが置かれていていたのですがどれも食べられそうになかったので、かんきつ類(オレンジ→グレープフルーツ→夏みかん)があって本当に よかった。ちなみにかわいい少年が差し出していたらっきょうもおいしかったらしい。私はその先に夏みかんを見つけたのでとらなかったのです。残念。(戻っ てもう一つもらおうと思うくらいおいしかったらしい)途中、疲れてきて塩飴を口に入れたけれど、一気に血糖値が上がり、一気に下がる、と聞いていたので怖 くてすぐに吐き出してしまいました。本当のところ、飴ってどうなの?ならずっとなめ続けたら上がりっぱなしでOKなのかしら?ご存知の方、教えてくださ い。大分暑いし、周りは歩いている人もいて、やや辛かったここら辺。でもペースは同じ。

■35キロ地点~
My☆Starの女性何名かを発見して、「来月から入ります、よろしくお願いします」と挨拶して通りすぎる。後は、とにかく給水しまくり。もうアミノバ リューでも気にせず、飲んだ残りは体にかけて。38キロくらいで、具合が悪くなって横になっている女性を見て、自分も横になりたいなあ、と一瞬思ってしま いました。タイムも毎回1キロごとに6分以内であることを確認していたのですが、ペースが落ちているのを見たらプレッシャーになりそうだったのでもう見ず にラップだけ取る。それにどう、ゆっくり行っても4時間半は楽勝なペースだったので。もちろんサブ4も頭の片隅にはあったけれど、今回は苦しくなく終えた かったので、あえて無理をせずに走ってみた。なによりも無理して追い込んで次のフルを走りたくなくなるのがいやだったので。

■40キロ地点~
ゴール直前の41キロ地点くらいにりょうママさんとさみ子ちゃんを発見。「がんばってー」と声をかけてくれて、元気が出ました。あとはちょっとだけペース アップして終了。千葉マリンはゴール前500mがペースアップしようと思っても全くできないくらいだったのに、今回は41kmで5'45、42㎞で 4'42(Nike+によると)だったのでよかったです。次回はもうちょっと前から追い込めるようにしたい。そして、私の42.195kmは終わりまし た。万歳!

■ゴール後
RCチップを返却してTシャツと交換、水を4杯がぶ飲みし、高濃度酸素を5分くらい吸って、完走証をもらいました。顔が相当塩吹いて髪はばさばさ。そして服は汗で重い。脚を休めるため、靴を脱いでぺたぺた裸足で歩きまわってしまいました。ゴール後は千葉マリンの時よりに比べてカラダの疲労はなし。どこも筋肉痛ではなかったのですが、深い息をするとちょっとむせてしまう感じで胸が一番疲れていました。あと、疲れていてなにも食べたくない。バナナを配っていたけれど、パスしました。ただ、夜ストレッチしないと明日が怖いなあ。


に
ほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ人気ブログランキングへ
参加しています。よければ応援クリックお願いします☆


|

« 2009かすみがうら 4"00'24でした | トップページ | 2009かすみがうら フルマラソン レースの反省 »

race」カテゴリの記事

thoughts」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

記事をみてびっくりしました
高濃度酸素の列で2人前に並んでいました
見ていて痛々しかったですが酷いことにはなっていない様子なので良かったです

投稿: a | 2009年4月21日 (火) 00時03分

>aさん
お、あの時いらっしゃった方ですね なんて偶然
見た目ひどいけれど、実は私の脚は擦り傷程度でした!よかった
来年もかすみがうら出ますよー
次のレースはなにか出ますか?
よかったらまた遊びにきてくださいね☆
よろしくお願いします

投稿: 703 | 2009年4月21日 (火) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1193622/29199540

この記事へのトラックバック一覧です: 2009かすみがうら フルマラソン レポート:

« 2009かすみがうら 4"00'24でした | トップページ | 2009かすみがうら フルマラソン レースの反省 »