« 水泳を始める準備 水着 | トップページ | 何年ぶりかのプール »

「星野真里のホノルルマラソンへの道 FINAL」

星野真里のホノルルマラソンの様子が出るということで、録画していた「あっぱれさんま新教授」を見た。
約2万3000人の出場者中2717位で4時間24分33秒で完走。
安田美沙子ばかり取り上げられているけれど、実は星野真里の方が速いのよね。

その中で完走した星野真里が語る場面で言っていたことが自分の走る理由と本当に同じで泣きそうになってしまった。

「一回がんばってみたくて がんばってきたことがなくて」
「はじめてちゃんとやりとげれることができたって、ありがたいと思います」

すごくわかる。これ。

VTRが終わって明石家さんまに「今年は?」と聞かれると、
「うん。だから卒業です。」と答えていたのにちょっと驚いた。
「こういうのって病気になるんじゃないの?走りたい病に」と聞かれたのだが、
星野真里は「あんまり言いたくはないですが、走ってみて、絶対にやめるんだって思って走っていたので、その気持ちは本当だと思うんです。
だから今は浮ついていますが、今は軽はずみになにかを言ってはいけない。
だからわたくしはやめるんだっつったらやめるんです。」と答えていた。

ブログでの発言。

この痛い筋肉、
発達した筋肉、
ゆるゆると脂肪に戻り、
そしてふるふるとなくなってもらいたいものです。

これも、これで素敵。

 

安田美沙子はブログでも次はもっと頑張る、これからも走り続けます宣言をしていたので対照的だと思った。
でも、なんとなく「今は軽はずみになにかを言ってはいけない」という言葉に完走に至るまでのものすごい頑張りが表れているような気がした。
すべてを出し切ったからこそこういういことを言えるのではないかなあと。
すごいと思った。(あくまでも勝手な解釈だけれど)
そして、その潔さがかっこいいと思った。

に
ほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ人気ブログランキングへ
参加しています。よければ、応援クリックお願いします☆

|

« 水泳を始める準備 水着 | トップページ | 何年ぶりかのプール »

beautiful women」カテゴリの記事

thoughts」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1193622/28855623

この記事へのトラックバック一覧です: 「星野真里のホノルルマラソンへの道 FINAL」:

« 水泳を始める準備 水着 | トップページ | 何年ぶりかのプール »